俺にはブルーズを歌う権利なんかない

どこにも所属を持たず仕事/勉強/読書を続けています。2008年、音楽についてメモ代わりに書くためにこのブログを始めました。

Stardust

 いうまでもなく、真剣に遊んでいる子供は子供っぽくなく、遊びに飽きた子供が子供っぽいのだ。

 

学者 この喜劇的なるもの

学者 この喜劇的なるもの

 

 

  片付けそびれて、本棚にずっとある本。東大の、いわゆる「中沢事件」のてんまつを暴露したもの。もちろん、ぼくは東京大学などには何のつながりもないので、市井の一庶民としてこれを読みました。

 ずっと後になって、東大というところに初めて学会報告のため行ったとき、そこが地理的に実在するきわめて具体的な「場所」であることが、田舎者の自分には何か信じられなかったですね。ベンチに座って茫然としていたら、和田春樹教授が目の前を横切って行ったので、ああなるほどと思ったり。

 あのときは、後輩が学会賞をとることになる秀逸な発表をしたので覚えてるんですね。自分も発表したけど、そちらはさんざんで、終わって、学生食堂で、同じ北海道から来ていた女子の院生がカバンから出したサッポロ・クラシックという北海道限定ビールを飲んで、ああしんどかった、と安堵しました。そのあと、生協で中古CDセールをやっていたので、オレ、ここで失礼するよ、とみんなと別れたんだった。コルトレーンを買ったのを、はっきり覚えています。

 あれ以来、行ったことがありません。しかし、あのCDも、ほとんど聴いてない。『スターダスト』というやつ。


Stardust / John Coltrane - YouTube

 

広告を非表示にする