俺にはブルーズを歌う権利なんかない

どこにも所属を持たず仕事/勉強/読書を続けています。2008年、音楽についてメモ代わりに書くためにこのブログを始めました。

この道


Erinnerung.avi

 

赤とんぼ~浜辺の歌/ヘフリガー、ドイツ語で歌う日本の歌曲 VOL.1

赤とんぼ~浜辺の歌/ヘフリガー、ドイツ語で歌う日本の歌曲 VOL.1

  • アーティスト: ヘフリガー(エルンスト),山田耕筰,岡野貞一,中田章,中田喜直,大中寅二,平井康三郎,杉山長谷夫,近衛秀麿,瀧廉太郎,ニキーティナ(イリーナ)
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 発売日: 2006/09/27
  • メディア: CD
  • クリック: 5回
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

花の街~我は海の子/ヘフリガー、ドイツ語で歌う日本歌曲 VOL.3

花の街~我は海の子/ヘフリガー、ドイツ語で歌う日本歌曲 VOL.3

 
浜千鳥~宵待草/ヘフリガー、ドイツ語で歌う日本の歌曲 VOL.2

浜千鳥~宵待草/ヘフリガー、ドイツ語で歌う日本の歌曲 VOL.2

 

  札幌。二泊してきた。

 はじめて地下鉄南北線の二十四条に宿をとった。なぜかというと、そこから東に少し行ったところに古本屋さんがあって、そこへ行きたかったから。

 数年前にも一度行ったのだけれど、その後、クラシック音楽のCDの棚ができたと知った。クラシックはほとんど聴かない、のだけれど、ではまったく聴かないかというと、実はそうでもない。アナログ盤のシューベルトなんか実はよく聴いている。

 以前、NHK-FMの『片山杜秀 クラシックの迷宮』で、「ベルリンの山田耕筰」という回があって、もともとベルリンで勉強した山田耕筰の曲にドイツ語の詞がついて、今やドイツ・リートとしても歌われている、といった取り上げられ方をしていた。それが面白かったのだな。あの回を録音しておけばきっと繰り返し聴いただろう。

 今回、その古本屋で、そのときかかっていたエルンスト・ヘフリガーのCDがあった。喜んで買って帰ってきた。残念ながら、「この道」の入ったCDじゃないんだけれど、いい。800円。値段もうれしい。他にスメタナ『売られた花嫁』三枚組が900円。こっちもすごくいい。

 疲れが取れず、なんにもできない一日。陽光さんさんで暖かい。一日、こんなのを聴いて過ごしたい。

 

広告を非表示にする