俺にはブルーズを歌う権利なんかない

どこにも所属を持たず仕事/勉強/読書を続けています。2008年、音楽についてメモ代わりに書くためにこのブログを始めました。

Woman In Love


Barbra Streisand - Woman in Love ( Lyrics ) - YouTube

 夏の海。港に浮かぶ幾艘かのヨット。水面すれすれのカメラ。最初に行った大学ではほとんど勉強らしい勉強をせず、民放の少なさにがっかりしながら、それでもTVばかり見ていたはず。たしか、深夜、CMの合間にそんな映像が流れていました。バックにはB・ストライサンドの「ウーマン・イン・ラヴ」が。

 これを下敷きにした野口五郎さんの「一九時の街」のほうが、実はよく聴いたんですが、もとネタのこれも、さびしかった八〇年代初めの、たいせつな記憶。

 仮定法過去完了でだけは人生を語りたくない、と決然と言う人がいて、その心がけは見上げたものだけれど、ぼくはそんなに強い人間でもない。でもたしかに、もういちど一八歳になって知的鍛錬をやり直すことはできないので、過ぎたことは仕方ない、と考えるほかない。

  昨夜は汗をびっしょりかき、AM2:30頃下着を取り換える。これでよくなるかと思ったがまた今日も身体がふらふらするので、外出できず。寝ていると静か。裏でとなりのうちののワン公の遠吠え。

 

広告を非表示にする