俺にはブルーズを歌う権利なんかない

どこにも所属を持たず仕事/勉強/読書を続けています。2008年、音楽についてメモ代わりに書くためにこのブログを始めました。

怪傑ハリマオ


YouTube: 怪傑ハリマオの歌

 世の中は必ずしも白か黒かがはっきりした世界ではなく、むしろすべてが灰色なのだ、とか、どの党派も幾分かは正しく、幾分かは不適切だ、とか、複数のディシプリン(学問領域)のどれもが、決定的な反証jの挙がらないまま並立している、とか…ポスト構造主義を生半可に読みかじった僕ら(僕だけ?)は、底なしの相対主義の罠に陥って立ちすくんでいる、とか、そんなことはどうでもよいのです。

 一番心配だった被災地の友人から一昨日電話があり、無事を喜び合いました。彼は、多くの人命が無残に奪われ、インフラが壊滅的に破壊された街で、治安を守りつつなおかつ救助活動を続ける、という困難な仕事に従事しています。喧嘩が起ればつまらないからやめろと言い、怪我をした人がいれば病院に搬送し、弱い子供やお年寄りを元気づけ…という彼の仕事の圧倒的正しさに、心から敬意を表します。

広告を非表示にする