読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺にはブルーズを歌う権利なんかない

どこにも所属を持たず仕事/勉強/読書を続けています。2008年、音楽についてメモ代わりに書くためにこのブログを始めました。

わな~「いつか」はいつ来るかを巡って

 見渡せば、私の周囲は「いつか」の夢でいっぱいだ。いつか着る服。いつか読む本。いつか行きたい場所。いつかに思いを巡らせ、思うにまかせぬ今を慰めてきた。気づけば夢や欲望は際限なく広がり、今度は何もかもが足りなく思えてくる。

 だが、いつかっていつだ?人生はしょせん、今日の積み重ねである。

 

アフロ記者が記者として書いてきたこと。退職したからこそ書けたこと。
 

  本棚から、まだ出てくる、英米文学本。二つ目の大学で、ロシア語を勉強しつつ英語の本をポツリポツリ読んでいたころ、書い集めた本たち。ここ二年ほどだいぶやっつけたたつもりでいたのは一部にすぎなくて、まだかなりある。ヘンリー・ジェイムズなんか、ぜんぜん手付かずだ。やはり、いつか読むつもりで買ったもの。

 で、そのいつかって、いったいいつなのかという話。ローレンスの"England,my England"は、たしか「読めそうだな」と思って買ったのだ。それを持って街を歩いていたときの光景を今でも不思議に覚えている。なら、当時間借りしていた部屋に帰ってすぐ読みはじめたかと言うと、当時はロシア語文法を大急ぎで仕上げることに忙しく、本棚に納めて、今に至っているのだった。

 そのロシア語文法の復習を今日もやっていた。二年前、あの二つ目の母校へ行ったとき、定年を迎えた恩師を囲んで、現役の学生さんや教授たちと歓談した。非常勤講師のロシア人女性もいた。当時思うにまかせなかったロシア語をあやつるのは多少うまくなったかなと思いつつ話をしたが、あのときぼくにとっての「いつか」はすでに訪れ、実現していたのだろうか。

 いや、当時買い集めていた英語小説をあらかた読んでしまうというときでも来ない限り、あの頃のぼくにとっての「いつか」は、今に至るも「いつか」のままだろう。ロシア語の文法問題も、むろん大学院を出たぼくには易しすぎる、と言いたいところだが、動詞の人称変化を数カ所間違える。

 井上靖あすなろ物語』も思い出深い小説で、「あすなろ」とはヒノキ科の常葉高木で、ヒノキに似るがヒノキではない。「あすはヒノキになろう」という語源からこの名があるという。去年、急に読み返したくなって書棚をかなり捜したが見つからず。中学の時夢中で読んだ本の一冊で、なかに、纏足(てんそく)や刺青(いれずみ)などの研究ばかりしている風変わりな医学者が出てくるのだ。なにか、自分もああなるんじゃないか、という予感がしたのは、当たらなかったともいえるし、ある意味大当たりだったともいえる。

 なぜ学問に志すのか。あまり突き詰めて書かずにおくが、いつか学問の深奥を極めたいという憧れがあるからじゃないか。ある者はかなりの高みを上り詰めつつあり、ぼくのようなのはまだすそ野のほうでうろうろしているが、みんな、その「いつか」がまだ来ないからこそ、外国語の本なんか読んでいる。読むべき本は増えてゆくばかりで、「いつか」はいつまでたっても近づいてこない。その意味で、きみもあすなろ、ぼくもあすなろだ。


わな キャンディーズ

 

Modern Classics Lucky Jim (Penguin Modern Classics)

Modern Classics Lucky Jim (Penguin Modern Classics)

 

 

 

The Name Of The Rose

The Name Of The Rose

 

 

 

Henry James: Travel Writings 1: Great Britain and America (Library of America)

Henry James: Travel Writings 1: Great Britain and America (Library of America)

 
Henry James:Ambssdrs (Landmarks of World Literature)

Henry James:Ambssdrs (Landmarks of World Literature)

 

 

 

Modern Classics Penguin Essays of George Orwell (Penguin Modern Classics)

Modern Classics Penguin Essays of George Orwell (Penguin Modern Classics)

 

 

 

 

 

Moby Dick: or, the White Whale (English Edition)

Moby Dick: or, the White Whale (English Edition)

 

 

 

England: My England, and Other Stories

England: My England, and Other Stories

 

 

 

Tess of the d'Urbervilles (English Edition)