俺にはブルーズを歌う権利なんかない

どこにも所属を持たず仕事/勉強/読書を続けています。2008年、音楽についてメモ代わりに書くためにこのブログを始めました。

Superstar

 一九世紀に、キリスト教のなかで、「史的イエスの研究」というものがありました。当時は啓蒙主義の隆盛期で、その影響のもと、イエスという人間がどこで生まれて、どこでどう行動して、どこで死んだのかというデータを徹底的に調べたのです。

 実証研究の結果、一世紀にイエスという人間がいたことは証明できないという結論になった。同様に、いなかったことのアリバイ証明もできないのです。そこで、イエスの歴史を追究しようという流れは完全に袋小路に入り、そのあと二つの流れが生じます。

 一つは、イエスが存在しないことを前提に、人間がいかにして神という概念を創ってきたのかを考える方向。このアプローチが宗教学であり、基本的に無神論の立場を取ります。

 もう一つは、イエスがキリストであると信じていた人たちが存在したことまでは実証できると考え、救いの内容について研究する方向に向かいます。これが近代プロテスタント神学の主流派です。

 

世界史の極意 (NHK出版新書 451)

世界史の極意 (NHK出版新書 451)

 

 

 


Jesus Christ Superstar - Superstar

 

広告を非表示にする