俺にはブルーズを歌う権利なんかない

どこにも所属を持たず仕事/勉強/読書を続けています。2008年、音楽についてメモ代わりに書くためにこのブログを始めました。

春の海


春の海(Haru No Umi) 宮城道雄

And Gorky repeatedly stresses his disenchantment with workers and peasants, and looked sadly on their drunkenness, apathy and inertia. For this reason he strongly criticizes books portlaying the lives of workers as 'sweet and beautiful' , which delighted in singing the praises of the peasant with his simple withdom: it was in this that Gorky showed himself  sharply antagonistic to Tolstoy's idealization of the primitive virture of the peasant.

 

My Universities (Penguin Twentieth Century Classics)

My Universities (Penguin Twentieth Century Classics)

 

 

 明けましておめでとうございます。

 昨日は妹夫婦宅にお呼ばれして食事、帰ってきてからは吉田類さんの『年またぎ酒場放浪記』。紅白を観ない大みそかも落ちついていていいものだなあと。

 ゴーリキーの『私の大学』の英訳本。ちらちら読んでました。17,8年前だったか、根室に出張したとき古本屋で買った一冊。あのとき、ゴーゴリチェーホフも一緒に買って、今も書棚に。新品同様の、表紙のピカピカしたペイパーバック。あんがい便利に使えますが、今年もロシア関連書をロシア語でなく英語で…という年になるんだろうか。いや、英語からだろうが何だろうが、吸収できるものは何だって学ばせてもらう。

 もう去年は過去のこと。細かいことはくよくよせず、一歩一歩。

 

 

広告を非表示にする