俺にはブルーズを歌う権利なんかない

どこにも所属を持たず仕事/勉強/読書を続けています。2008年、音楽についてメモ代わりに書くためにこのブログを始めました。

Harlem Nocturne

タブーのケースと同様、神経症的禁止の核をなすものは、さわるという行為のなかにある。ここからわれわれは’touching phobia' ないしdélire de toucherという呼称を引き出すのである。この禁止は身体との直接的な接触だけでなく、 「とつながる」「誰かあるいは何かとふれあう」といった修辞的な言葉の用法にまで及ぶ。禁止されたものを想起させ、そうして心の中での接触をもたらすものは何であれ、直接的な身体との接触と同じくらいに禁止される。この同じような拡張のされ方がタブーにも見出される。(英訳より便宜的に拙訳)

 

Totem and Taboo

Totem and Taboo

 
Totem and Taboo (English Edition)

Totem and Taboo (English Edition)

 

 

 

フロイト全集〈12〉1912‐1913年―トーテムとタブー

フロイト全集〈12〉1912‐1913年―トーテムとタブー

 

 

 

  フロイトのこと、なんにもわからないまま、それらしい用語をちりばめた論文なんか書いたりして、今になって恥ずかしくなって。禁止、抑圧、転移など、ははあこういうことかと思いながら読んでますが、これで一週間つぶれるのは、ちょっと痛い。

 それにしても、独仏を読めずにこういう勉強をするのは、いわば飛車角落ちでまともに将棋を指そうというくらいに不自由。18歳からやり直すことはできないから、仕方ないかな。小塩節先生のTVのドイツ語講座、なつかしい…


Johnny Otis / Harlem Nocturne - YouTube

 

 

広告を非表示にする