俺にはブルーズを歌う権利なんかない

どこにも所属を持たず仕事/勉強/読書を続けています。2008年、音楽についてメモ代わりに書くためにこのブログを始めました。

面影

 一番槍はお手柄だがゴルキじゃ、と野だがまた生意気を言うと、ゴルキと云うと露西亜の文学者見たような名だねと赤シャツが洒落た。そうですね、まるで露西亜の文学者ですねと野だはすぐ賛成しやがる。ゴルキが露西亜の文学者で、丸木が芝の写真師で、米のなる木が命の親だろう。一体この赤シャツはわるい癖だ。誰を捕まえても片仮名の唐人の名を並べたがる。人にはそれぞれ専門があったものだ。おれのような数学の教師にゴルキだか車力だか見当がつくものか、少しは遠慮するがいい。

  

 

坊っちゃん (新潮文庫)

坊っちゃん (新潮文庫)

 

 

 札幌滞在中にとったコピーを製本に出しました。製本というのか仮綴じというのか、厚紙を表紙にして左側でとじて、片開きの冊子状にしてもらいたいのですが、初めて行く印刷屋さんで、なかなか話が通じず。一冊、よそでやってもらった現物を持っていくつもりが、それを忘れたもんだから。見れば、印刷屋さんなら、「ああこれですね」とわかるはずなんですが。

 でもいまどきは、コピー機にUSBメモリーを差し、そこにデータをためて持ち帰るのがふつうみたいでしたね。それはあらかじめ聞いてはいたんですが。結局そうやって持ち帰っても、パソコンのディスプレイ上だと、見ないと思うのね。

 それが出来上がってきたら、ひと夏それを読んで過ごします。セミの鳴く日に。


しまざき由理-面影(Gメン'75 シングルコレクション) - YouTube

 

広告を非表示にする