俺にはブルーズを歌う権利なんかない

どこにも所属を持たず仕事/勉強/読書を続けています。2008年、音楽についてメモ代わりに書くためにこのブログを始めました。

冠二郎「炎」

2005年のお正月の何日目だったでしょうか、NHK=FMで『アイ・ライク・演歌・ベリー・ストロング』という特番が放送されました。湯浅学さんや横山剣さんが出るというのでカセットに録りました。いや、あの番組はとんでもなく濃かったです。なかでも聴き所は、秘密博士とエンペラーズ冠二郎さんと共演したスタジオ・ライヴ三曲(といっても観客はとくにいないようでした)。「炎(ほのお)」、「そして、神戸」、「シンボル・ロック」です。

演歌/ムード歌謡のハードロック的解釈という独自の境地を拓いた秘密博士とエンペラーズ内山田洋とクール・ファイブのカヴァー「そして、神戸」と、梅宮辰夫のカヴァー「シンボル・ロック」はアルバム『ポマードとグラサン』でも聴くことができます。でも、このときのスタジオでの共演の一番の聴きものは、冠二郎さんの持ち歌「炎(ほのお)」の共演じゃなかったでしょうか。スペイシーでサイケなハード・プログレ風アレンジに乗っかって、冠二郎さんと秘密博士が「ア、アイ、アイ・ライク・演歌、ア、アイ、アイ・ライク・演歌」の合唱。出だしの前に冠さんが「人のことはいいからノリまくってください」みたいなことを言ってます。バックのエンペラーズがまたこの曲にうまくハマって、シェイクする極彩色のバンド・アンサンブルを聴かせています。これ、CDになってないのかなあ…と思いながら、時折テープを聴いてますが、磁気が磨耗しないうちにMDに移し変えなくてはね。

iTunesStoreで冠二郎さんのオリジナル・ヴァージョンを買ってみましたが、うん、原曲がそもそもロックっぽいギター入りなんですね。しかもバックでは大太鼓がドカドカ鳴ってて、にぎやかで元気がいいこと。疲れて元気が出ないとき、これは効きます。人が笑っても、ただ一筋に、生きる~ぞじ~んせ~いを~、とくらあ。とはいえ朝5時から原稿の書き直し。もう限界、頭が働きません。寝ます。

広告を非表示にする